仕事情報ページはこちら

自分の強みを知るストレングスファインダーを受けてみた

絵日記

なにをどう描いても宗教のPRっぽくなるのですが、
世界でも高い評価を受けているちゃんとした診断の1つです。
本を買わなくてもサイトからや、アプリからも受けられますよ!

参考:ストレングスファインダーまとめサイト / ストレングスファインダー|自分コンパス

34つの資質を順位別に並べて(本だけなら上位5つまで)自分の強み、または弱みを診断してくれるものです。

現在、ストレングスファインダーがセール中で
5月20日本日~終了期間は未定で、34資質を見るための価格が89ドル→49ドルのほぼ半額だそう!
もし気になる方はぜひに ➝ストレングスラボ

 

占いとは違うところは活用できるというところ

診断するものと知って「ふーん、占いみたいなものかぁ」と思って最初気楽に受けてみた占い好きの私です。

が、占いと違って診断なので気持ち悪いほど当たりますし、
結果はその後活用できるというのは占いと決定的に違うところかな、と思います。

要は診断結果を元に行動しないと占いと変わらないです。

自己啓発本の内容のほとんどは一言にまとめると「行動しろ」ということなのですが
その「行動しろ」をその人の強みを最大限発揮できる形で行動提案をしてくれます。

 

そんな私の結果

そんな私の結果(全解放)が以下の通り

上位資質だけを見ると

1位:活発性…じっとしていることができない人
2位:コミュニケーション…自分の考えを言葉にするのが得意な人
3位:個別化…自分と異なる個性の人に興味を持つ人
4位:内省…頭で考えるのが好きな人
5位:収集心…知りたがり屋で物を集めたり情報を蓄積する人

となりました。
うわーーーぉ、めっちゃ当たってる!
特に1~2はサイト移転を繰り返しつつもブログを続けたり、旦那さんが帰ってきた時にずーーっとその日あった出来事を喋っていたりすることを考えると納得の結果でした。放っておいたらいろんなところでずっと喋ってるタイプ。

 

自分は何が得意なのかを分類して考える

すでに結果の時点で色分けをしているのですが、34資質は大きく分けて4つの資質に分類できるようで
分類(色分け)は以下の通り

自分の結果と照らし合わせてみてみると見事にバラバラ。すごい散っている。
影響力1、2フィニッシュじゃん、と思ったら最下位にまた影響力分類の競争性がいる始末。

ストレングスファインダーの「強みを活かす」という本来の目的とは違いますが、「弱みを改善する」という面で私の場合はあえていうなら実行力が上位にきていないことを考えると実行力が弱みな気がするので、何か形にしていくという行動をこれから積極的にやっていきたいな、といった感じ。

結構私の周りの方の結果を見ていると、4つに分類したときに1~2は偏っているなぁ~という人がほとんどなので大体の人は分類による強みや弱みの理解はわかりやすいと思います。私みたいにバラバラだった人は強く生きてほしい。

 

資質の内容から考える

資質の内容から考えると

上位に
コミュニケーション、社交性、親密性
と、人と関わるのが好きな人が持つ資質が多くあり

逆に下位には
競争性、最上志向
と、人と比べるような資質が多いことを考えると

私はそもそも人と関わるのが好きな人間なんだな、ということがよくわかります。
うん、人めっちゃ好き。
それでもコミュ強ではなく喋るコミュ障なのは包含、共感性、適応性がないからだなぁというのもよくわかります。

なので会社みたいに付き合える人が選べないような環境は適さず
自分である程度付き合える人を選ぶことができる今の生活は資質から考えるとピッタリということですね!

そのへん旦那さんのおかげでこの環境が整っているので、毎日感謝のマッサージでもしようかと思います。

 

自分でできなかったら他人に補完してもらう

分析思考が下位の方にいるので、まだまだ自分の分析も甘々で
最初の方に、行動しなきゃ占いと一緒!と言った割にはまだ今後の行動については活発性らしく「こういうことしようかな~」「こういうこと次しよう~」はあっても具体的なプランが組めていない状態です。

ストレングスファインダーの良いところはそういう時に
周りの人に受けてもらったら自分が弱い所を補完してくれる役割の人がわかる!という使い方もできるということです。

せっかくお金出して診断したので、ぼんやり「上手に使っていきたいなぁ」と考えているのですが
とにかく行動しなきゃわからないタイプみたいなので手を動かしつつ考えていきます。