仕事情報ページはこちら

イラストの依頼やりとりで受注側として嬉しいこと・困ることまとめてみた

イラスト

こうして記事を書く傍ら

イラストレーターとしてイラストを描かせていただいたり、デザイナーとしてロゴを作成させていただく機会も多くなり
この度ついにそのように何かを誰かのために作らせていただく依頼が

やったね!
今年の2月からココナラで出発したのでちょうど10か月ぐらいでしょうか。
平均すると1か月に10件ご依頼をいただいている状況に思えますが
実際は1か月に20件を一気にこなしたり、一気に暇ができたりと波がありました。
が、ありがたいことに依頼が1件もこない月というのはありませんでした。

 

そんな経験を活かして今回は

”私が”こうしてもらえてうれしかった!これはちょっと困った!

ということをまとめていこうかなぁ、と思います。

なんとなくこれから私じゃなくても他人の依頼したいけれどもスムーズに進めるためにはどうすればいいのかわからない!って方の助けになれば幸いです。

 

※あらかじめ断っておきますが、あくまで「私が」という基準で書いております。

 

まずは嬉しいこと

参考画像を最初から用意してもらえる

参考画像は視覚的にダイレクトに伝わるので、こちらとしてもイメージがつかみやすく大変有難いです。

たまにこちらで資料を探さなければいけない場合もあるのですが
資料自体が間違っていたり、ポーズの資料なんかは大なり小なりズレが生じるので
依頼者側に用意してもらえるのが一番後々の修正が少ないです。

Googleの画像検索を使えば簡単に色々な資料が見つかるので
まず依頼者側にできればやってほしい、ということはこちらになります。

「このポーズを」「このような絵柄で」と2つ用意していただけるときがあり
その時はかなりスムーズに依頼が進みました。

 

依頼内容が明確である

後から「実はこうしたかった」「出来上がりをみたらこういうのもよさそう」となり修正が重なるほうが精神的にキツいものがあるので、できれば最初の段階でできるだけ詳しく依頼内容をお聞かせいただければ、と思います。

依頼内容の明確さというのはキャラクターの髪型や目の形(つり目やまつげが長めなど)、輪郭などの顔のことはもちろん
可愛いを優先したいなどの雰囲気、「イヤリングは絶対に見せたい!」などのこだわたい部位を教えていただけるととても嬉しいです。

「アバウトにしか決まってない!」という方も
特に決まってない”おまかせしたい”という部分を教えていただければ
そのおまかせ部分を中心にパターンをいくつか用意できる場合もありますので
おまかせの部分を教えていただくのもとても助かります。

 

迷っている場合は事前に伝える

ご依頼者の中には出来上がりを見ないとよくわからない…だから依頼したい。
という方も多いと思います。

そんなご依頼者の多くは
「この構図とこの構図で迷っている」
「キャラクターの髪型をロングにしようかショートにしようか迷っている」
など、ある程度選択肢はあるもののどちらにしようか決めかねている、という場合もあるかと思います。

内容によっては「こちらの方がサイトには合うと思う」などのアドバイスをすることもできますし
ラフ時点であれば迷っている両方を描くことも可能です。

…というか個人的にラフを描き上げてから「実はこういうのも見てみたいんだけど…」と修正を重ねる方が個人的に時間もかかる分、めんどくさいなぁ…と思ってしまうので
2~3パターン程度でしたら修正料金なしで承らせていただきます。

 

納期は余裕をもって!

2~3か月余裕をもって!とは言いませんがせめて私の場合は1週間程度は余裕を持っていただけると助かります。

特に私の場合は、本職としては専業主婦の扱いになりますので
夫の勤務状態により作業時間が確保できない日ができる場合もございます。

他の人の依頼が重なっていたり、体調を崩している場合もありますし
以前私が住んでいる北海道では地震があり電気がストップしたことですでに受けている依頼を一時ストップする事態もありました。

こちらとしては出来る限り最短でお届けしようと頑張っておりますので
せめてこちらがお伝えした最短納期以上に短い納期を希望するのはお断りさせていただく場合もございます。

 

嫌なこと・困ること

初期からまったく違う修正が重なる

ポーズが変わる、髪型が大きく変わるなど、大きな修正が重なるのは
そもそも線画からの描きなおしになるため時間がかかるのでとても困ります。

特に私の場合はイラストとしてはかなり低めの価格設定をしているので
通常プランで2回修正は時給換算を考えるとかなりギリギリなので、先ほど嬉しいことでも書きましたが

「最初の段階でできる限り細かな依頼内容を伝える」
「迷っている部分があるなら事前にしっかり伝える」

というのは修正回数が少なくなるのでとてもありがたいです。

こちらとしてもなるべくイメージに近づけられるように精いっぱい努力いたしますので
ご協力していただければと思います。

 

※2019年2月~最初に提出するヒヤリングシートから大きく外れる依頼の場合は無料修正回数以内でも追加料金をいただいております。

 

参考画像の提出を求めているのに提出しない

稀に「こだわりがあるけれども文章では上手に伝えることができず大きな修正を重ねる」というタイプの方がいます。
通常プランの場合、修正3回目からは1回毎に追加の修正料金をいただいていることもあり
なるべく追加の料金を依頼者に払わせないように私もヒアリングをしておりますが
あまりにも文章がわかりにくい、イメージのズレが生じやすい方には最後の修正時点ではなるべく参考画像の提出を求めております。

しかし、参考画像を用意できなかったという方もいてこちらとしてはどう動けばいいのかわからず
こちらで参考画像を探すことになりますが
またその際にも時間を消費することになり非常に困るので
お手間かもしれませんし、時間も少ないかもしれませんが提出を求められた際は必ず提出をお願いします。

 

レスポンスが遅い

超困る。
なるべき24時間以内に返信できない場合、最低でも48時間以内に返信できない場合は
「こういった理由で返信遅くなります」の1文を送ってもらえるだけでもこちらは助かります。

返信が遅くなる分こちらは予定も立てづらく、
またキャンセルの場合でも「キャンセルします」のご連絡がない限りこちらは新規に依頼を受けることができません。

「この人からはまだ返信がないからなるべく早めに返せるように待機しておこう」と脳のタスクも削られるので、作業にも多少なりとも支障が出てしまうので

・なるべく24時間以内の返信をする
・24時間(遅くとも48時間)以上返信が遅れることが確定している場合は連絡
・そもそも(Twitterなど)やりとりするための機能にログイン率が低くて確認しにくい場合もその趣旨の連絡
・連絡する時間を個人で決めている場合にも連絡が取りやすい時間帯の連絡

をお願いいたします。

 

納品後にメッセージがない

基本的に先払いの導入をしているので、ご依頼者はお金を払い、納品物も受け取りそこで終了。
かもしれませんが、内容に不備があった場合、もしも不手際でご依頼者以外の方が受け取った場合はこちらには判断がつかない状態になります。

そのような場合の回避のため、納品後は納品物の不備がないかの確認と
納品物を受け取ったことがわかるメッセージをお願いしております。

納品物を受け取ったことがわかるメッセージを確認後、依頼のやりとりを終了させていただく趣旨のメッセージを送らせていただいておりますので、そのあとはそのメッセージに対してのご返信は結構です。

ただ、納品後に「受け取りました!」のメッセージだけでいいのでお願いいたします。

 

こちらが「できない」と言っていることを無理に押し通そうとする

できないものはできない。無理。

商標のものを許可なく成果物に取り込むのも無理だし
著作権が別にあるキャラクターを無許可で描くのも無理だし
「こういう風にして!」と別の人が描いた厚塗り提示されてもそもそも私は厚塗り技術不足で無理だし
背景とかに関しても上記同様だし
「即払いするから!」と言われてもお値引きできないし
「住所教えてください」と言われても無理だし
「宣伝になるから!」と言われても無料でお受けすることは無理です。

※すべて実際にあったトラブルです

 

 

と、たくさん書いてしまいましたが
依頼があるだけですごく嬉しいので、まずは気軽にお見積りだけでもしていただければなぁ、と思います。
お見積りだけ聞いて予算に合わなければその時点でお断りでも大丈夫です。