イラストや漫画などのご依頼はこちらから

イエベ・ブルベが大切ではない人もいる!色の3要素で考える「似合う色」

ということで今回は似合う色をイエベ・ブルベだけでなく、彩度と明度を加えたお話です。

ちなみに今回漫画に出てきたくろねこさんはお話を聞いただけなので、本当に彩度が大事なのかはわからないけれども、話の中では彩度が大事なのかもね、というお話をしました。

清濁も加えた4つの要素で考える場合もありますが、こちらの記事では「色相」「彩度」「明度」の3つの要素を取り扱います

雑誌などでもよく見かけるようになったイエベ・ブルベだけど…?

雑誌などでもよく見かけるようになった「イエベ」と「ブルベ」ですが、情報の中には「黄み肌」「青み(ピンク)肌」と混合して紹介されているものも多く、「私は黄み肌だからイエベ!」「色がピンクっぽいからブルベ!」と間違った認識が起こりやすいと感じています。

ちなみに、本来のイエベブルベは肌の色のことではなく、色のことで

  • イエローベース(イエベ)
    色の青みより黄みを感じるあたたかみを感じる色のこと
  • ブルーベース(ブルベ)
    色の黄みより青みを感じる冷たさを感じる色のこと

で、今回説明する色の分割方法である「色相」での分類になります。

同じピンク系の色の中でも、代表的なイエローベースのピンクと、ブルーベースのピンクの間には無数の色相があり、やはりその間の中には「イエベ・ブルベどちらともいえない色」や「どちらかといえばイエベ(ブルベ)寄り」みたいな色もあるわけです。

ちなみにパーソナルカラーが1st春、2nd夏の私は「どちらかといえばイエベ寄り」が得意!
ですが、黄みに寄りすぎると顔が黄ばみやすく、老けてみえやすいです。
そしてブルベに寄っていくにつれて顔が具合悪いかのようにドンドン青白くなります。

こういう私みたいにニュートラル(中間)の方は結構多いのですが、世間ではイエベ・ブルベだけが取り上げられるため、イエベ・ブルベさえわかれば似合う色のファッションやコスメがわかると思ったのに全然ベストにたどり着けない…!という方は多いのではないでしょうか

色を構成する3要素

色は「色相」「彩度」「明度」の3要素でできています。
それぞれの特徴を説明していきますね。

色相

色の相違のことで
「これは緑色」「これは青色」と判断するための要素です。
しかし、さきほどはピンクで説明しましたが、緑色~青色の間にも「どちらかといえば緑寄りな青」や「どちらかといえば青寄りな緑」な色など、無数の色相段階が存在します。
この色相により大体の「イエローベース」「ブルーベース」が決まってきます。

彩度

彩度は色の鮮やかさの度合いのこと!
彩度が低くなるにつれ、どんどんグレーを混ぜたような色になり、彩度が0の状態は無彩色(白、黒、グレーの色味がない色のこと)になります。
彩度が一番高い色は”純色”といい、黒も白もグレーも感じない鮮明な色です。

明度

明度は色の明るさの度合いです。
明度が高くなるにつれ白が、明度が低くなるにつれ黒を混ぜたような色になります。
この明度が一番高い100の状態が白、一番低い0の状態が黒になります。

パーソナルカラーシーズンごとの色の三要素

さて、じゃあこの色相・彩度・明度がどうパーソナルカラーにかかわってくるかというと、それぞれのシーズンごとに得意な色相・彩度・明度があるんです。
それがこちら!

ここでカンの良い人はお気づきだと思うのですが、よく扱われる「イエローベース(春秋)」「ブルーベース(夏冬)」だけではなく彩度と明度にも注目すると、春夏や夏秋など、イエローベースとブルーベースだけの分類では消して交わらないシーズンの組み合わせにも共通点があることがわかります。

パーソナルカラーシーズンごとの共通点

春秋と夏冬

よく分類されるイエローベースとブルーベースの組み合わせであるこの春秋・夏冬!
それぞれの共通点は色相です。

赤やピンクなどの分類の中でもあたたかみを感じる色相が似合うのか、冷たさを感じる色相が似合うのかが重視される分類になります。

なので1st春2nd秋、または1st秋2nd春と診断された方はあたたかみを感じる黄みがある色が特に得意、1st夏2nd冬、または1st冬2nd夏と診断された方は冷たさを感じる青みのある色が特に得意!ということになります。

春冬と夏秋

春&冬・夏&秋の共通点は彩度!

クリア感のある鮮やかな色が似合うのか、落ち着き感のある穏やかな色が似合うのかが重視される分類になります。

1st春2nd冬、または1st冬2nd春と診断された方は鮮やかな色が特に得意、1st夏2nd秋、または1st秋2nd夏と診断された方は穏やかな色が特に得意!ということになります。

春夏と秋冬

春&夏・秋&冬の共通点は明度!

軽快感のある明るい色が似合うのか、重厚感のある暗い色が似合うのかが重視される分類になります。

1st春2nd夏、または1st夏2nd春と診断された方は明るい色が特に得意、1st秋2nd冬、または1st冬2nd秋と診断された方は暗い色が特に得意!ということになります。

パーソナルカラー診断では1st,2ndを出すところが多いですが、上記で説明したように、2ndまで出すのはイエローベース・ブルーベース・鮮やか・穏やか・明るい・暗いのどの要素がその人にとって大切なのかをわかりやすくするためでもあります。
ベストカラーを出すのは色相・彩度・明度がすべてドンピシャの色を提示するためでもあります。

もちろん2ndがいらないぐらい各シーズンにドンピシャな人もいますし、
彩度が中~高、明度が低~中と幅広い範囲が得意、どちらかといえばブルーベース寄りですっていう人であれば秋、冬、夏と3つ以上の色にまたがって幅広い色が得意という人もいます。

色を選ぶときは、この組み合わせを見て特に大切な要素は何なのかを把握すると選ぶ選択肢は増えるけれども、好きな色に近いものも選びやすくなると思います。

小釜ちゃが
小釜ちゃが

1st春、2nd夏の私は明るい色をとりあえず選んでおけばOK!
明るい色の中でどちらも良くて迷うときはどちらかといえばイエローベース寄り、またはどちらかといえば鮮やかに見える服を選ぶといった感じに使っています。

苦手な色でも好きな色があればそっちを買うときもあります!

将来的にイエベブルベだけじゃなく…

さすがに最後は無理としても、6分類ぐらいに分けられれば自分に似合うファッションやコスメが見つけやすく、また幅広く考えられる人も多くなるのではないかなぁと個人的には考えています。

もちろん好きな色がある方は似合う色か似合わない色かにこだわらず、好きな色をつけるのもそれが1つの答えです!苦手な色でも着こなす方法はたくさんあるのでまたそういうのもお伝えできればいいな!

パーソナルカラーをはじめとするイメコン沼、とっても面白くてズブズブと深みにハマっていって抜け出せません…

他のイメコン記事はぜひカテゴリ:イメージコンサルティングからご覧くださいね!

タイトルとURLをコピーしました