イラストなどのご依頼はこちらから(別サイト)

パーソナルカラー診断を何度か受けた際、結果が違う!そんなときに考えられる理由とは

パーソナルカラー診断を受けたあとになんとなく納得がいかなくて再診をする人や、なんとなく機会が重なって意図せずもう一度パーソナルカラーを受けたら違う結果が出た、という人は一定数いるかと思います。

その時にどうしても「どちらかが誤診…?」と疑ってしまいたくなりますが、実際にパーソナルカラーの資格を持っている私からすると“内容をくみ取れば”どれも誤診とは言いにくい可能性が高いです。
「結果が違うのに?どういうこと?」と思うかもしれませんが、その結果が違ってくる理由なども含めてこの記事ではお伝えできればと思います。

この記事ではあくまで私自身の考えから
「結果が違うのはこういうことが原因かもしれない」ということを述べた記事になります。
他にも診断結果が違う理由は様々考えられることを念頭にお読みいただければと思います。

そもそもパーソナルカラーの診断方法は”比較”であるということ

パーソナルカラーは診断する際、ドレープを当てて見比べたときに「その人が身に着けたときにどう見えるのか」というのを基準に診断しています。

よくネット診断にあるような「肌の色に黄み(青み)があるのか」「目の色がどうか」という見た目からくる情報は最終的にあまり重要視されず、その人が色を身につけたことによってどう見えるか、ドレープを比較して当てて外してを繰り返したときにどちらがよりよく見えるかを最も重要視します。

このあたりは私が受けたイメージコンサルタント診断ではパーソナルカラー診断のほかに、パリ流ファッションスタイル診断もちょっと似たような診断方法です。

パリ流ファッションスタイル診断を受けてきたときのレポはこちら

逆に骨格診断、顔タイプ診断は骨が出っ張っているのか・脂肪の付き方はどうかや、目と目の距離・曲線直線の要素の多さなど見た目からくる情報ありきで結果を出します。
顔タイプに至っては定規で測るなど数値で結果を出す分、そういう手法だということがわかりやすいかもしれません。

じゃあその結果どうなるかというとパーソナルカラーで
分かりやすく得意な範囲が「イエローベースの方が得意で、明るい色が得意で、彩度が高い方が得意」という人がいた際には、ほぼすべてのアナリストさんが「この人はパーソナルカラーがスプリング」という結果を出しますが、「青みも黄みもある(またはない)ニュートラルな色相が得意で、明るい色が得意で、彩度では悪い変化が感じられにくい」という春夏の間の要素、または春夏両方要素の色が似合う人がいる場合、内容の詳細によってはアナリストさんの価値観や診断環境によって結果が変わる可能性が高いのです。

それぞれのパーソナルカラーの得意色要素傾向はまた別に記事にしております

実際にあるであろう診断の例

ここからは実際に価値観、考え方などが違う様々なアナリストがいる、と想定して

  • 青みに寄りすぎると青ざめ、黄みに寄りすぎると黄ぐすんだ感じになる
  • 明るい色だと顔のシミなどが目立ちにくくなり、顔色が明るくなる
  • 暗い色だと重さを感じたり、ほうれい線が目立つ
  • 穏やかな彩度低めの色では落ち着いた印象が引き立つ
  • 鮮やかな彩度高めでは目鼻立ちがくっきりするがビビッドでは色に負ける
  • 顔は大人っぽくて華やかな顔立ち、本人の好みはかわいらしいもの

といったお客様を診断するとしましょう。

あくまでここからの例は、実際にあったものではなく私がもしこういうアナリストさんだったら…と想像したものになり、実際にピッタリこういう考えをするアナリストさんが実際にいるわけではありません。

前提としてどういう結果になりやすい人なのか

前提としてまず上記の情報だけであれば、パーソナルカラーだけだと夏春または春夏と診断されるアナリストさんが多いはずです。

ポイントとしては明らかに明るい色と暗い色といった明度の違いで顔うつりの良さ・悪さが目立ちやすいことで、傾向として暗い色の傾向がある秋・冬が除外され春と夏どちらかの診断結果になることが多いかと思います。

case#1 受診者の好みを優先するアナリストさんだった場合

2つの季節が両方似合う人だった場合、今回のケースでは受信者の好みがかわいらしいものであるため、サマーよりかわいらしい印象のある色が多いスプリングを1stにもってきて、春夏診断になるケースです。

似合う色だけでなく、好きな色も楽しんでほしい!と考えているアナリストさんは多く、特に今回のような2つのシーズンが両方似合っており、両方にそこまで良い悪いの違いが少ない場合は本人が診断後に楽しく、そしてストレスなく色選びができるように本人の好みを1stとするパターンです。

ただこれは本人の好みと、似合う色が一致していた場合に起こりうるケースで、受診者の好みに合わせてアナリストさんが似合わない色を似合うことにしてしまうということではないです。

case#2 ナチュラルなものが好きなアナリストさんの場合

case#1が受信者側の趣味趣向によって決まるものであれば、このcase#2はアナリスト側の趣味趣向によって決まるパターンです。このケースは体感として結構多い気がします。

もしアナリストさんが”穏やかでナチュラルなものが好き”といった人であった場合、華やかで鮮やかな色が多いスプリングよりは落ち着いており穏やかなサマーの色味の方を良しとして、夏春診断になるケースです。

自己診断をしたことがある方なら心当たりがあるかもしれませんが、良い悪いに差がなかった時や良い悪いの差がわからなかったときに自分が好きなものの方が良く見えてしまう、といったことはなかったでしょうか。

こういった趣味趣向による良い悪いフィルターは中々取り外せないものです。
今回はナチュラルなものが好きなアナリストさんの場合を例に挙げましたが、色白を良しとするアナリストさんであればブルーベースの色、華やかなものが好きなアナリストさんであれば鮮やかな色の方が優先して1stになる可能性が高いとも言えます。
ただ、やはりパーソナルカラー診断をサービスとして行っている方は資格取得のために色々学んでいるアナリストさんですので、明らかに似合わない色でもアナリストの好みだから似合うように感じるといったケースは稀ですし、もしアナリストさんが似合うといった色でも受診者本人が似合わないと感じた場合は「私にこういう色が似合うと感じる人もいるのね」といった具合に受け止める方が選べる色幅も広くなって良いかもしれません。

もしサロン選びをする際はアナリストさんがどういう趣味趣向の持ち主で、自分の趣味趣向と合っているかどうか、というのは結果に納得できるかどうかの1つの指針になるかと思います。
こういう趣味趣向は年齢・年代によっても結構左右されるので、もしアナリスト選びに迷った際、明確に趣味趣向に差がない場合は自分と年齢の近いアナリストさんを選ぶ方が納得できる可能性が高いです。

case#3 パーソナルカラーの色傾向と他要素を絡めるアナリストさんの場合

パーソナルカラーは色相、明度、彩度、清濁といった色傾向の他にも、スプリング・ウィンターはツヤ肌にしたほうが得意な傾向があったり、スプリング・オータムは3色以上を使ったコーディネートでも違和感が少ない傾向があったりと、コーディネート全体を通して、色要素とはまた別の傾向があったります。(もちろんこのあたりは顔タイプなども影響するので当てはまらない方もいます)

今回のケースの場合、受信者の方が大人っぽく華やかなお顔立ちな分、白黒といったコントラストが大きいコーデも得意なことが予想され、コントラストが小さい方が得意な傾向のあるサマーよりもコントラスト大きい方が得意な傾向のあるスプリングの方を優先し、春夏診断になるケースです。

こういった他の要素を絡めていく診断も含めやはり結果をだすまでの根拠の方を伝える・受診者が理解することが大事なので、アナリストさんの知識だけでなく説明の力量が問われると思います。

case#4 印象に合った色も提案するアナリストさんの場合

実は人の似合う色というのは顔うつりを主に見るパーソナルカラーだけでなく、顔タイプやパーソナルデザイン、パリ流ファッションスタイル診断などでは顔や雰囲気に合った色というものが存在します。

パーソナルカラーは、「どういうピンクが合うのか」「黒に近い色でもどういう色味が混じった黒がいいのか」を診断して出していきますが、ピンクはどのようなピンクでもある程度優しい・女性らしい・かわいい・若々しいイメージがつきやすく、黒はクール・強い・高級感・フォーマルといったイメージがなんとなくみなさんどれかはあるかと思います。

今回のお客様であれば、お顔立ちは大人っぽくて華やかなお顔立ちなので、ゴージャスな大人を連想させるオータムのお色がイメージ的にはピッタリになってきます。
アナリストさんによっては雰囲気に合うということを良しとし、診断結果に秋が入ってくるケースです。今回の場合だと考えられるのは元々似合う色である春夏の中でも華やかさのある春を選択した春秋、または3rdをつけて春夏秋、といった感じはありうるかと思います。

ただ、受診者者がオータムの色傾向である暗い色は苦手であるため、オータムの中でも明度が中程度のソフト~ストロングトーンのお色を勧めるパターンになりやすく、きちんとトーンの話を伝えられていない場合や伝えても受診者がトーンの関連性を理解していない場合、典型的な秋の色を身に着けた際に「確かにしっくりくる色もあるけど顔色が悪くなったりすることも多い」といったことが受診後に起こることがあります。

case#5 診断環境・アナリストの所有資格が異なる場合

以前、こちらの記事でも少し触れたのですが、パーソナルカラーを正確に診断するためには診断環境がとても重要になってきます。
特に若い方などはパーソナルカラーで出る影響が少ない傾向があるため、特に重要になりやすいです。

環境は、照明の明るさ・色・鏡の質や大きさ・診断環境の太陽光の入り方など様々な要因が関係してきます。
大体のサロンさんは朝~夜いつでも一定の診断をするために撮影用のライトを使用することが多いかと思いますが、撮影用のライトの機材が違えばやはりそれも診断結果に大なり小なりの影響はあると考えたほうがいいでしょう。

さらに、協会によってですが代表的なものだと「ブライトトーンのブルーベースの色」がお似合いになった際に協会によってはブライトトーン「高明度で中彩度の色としてサマーの色として分類する」場合と「清色で中~高彩度の色としてウィンターの色として分類する」協会があったりします。
この時点で結果は同じでも、協会が違えば夏診断になる人と冬診断になる人がいるのです。

また、使用するドレープがツヤ感のあるナイロン素材なのか、ツヤ感少ないコットン素材なのかなど、ドレープでの違いも考えられます。
ツヤ感が強いドレープだと彩度を高く感じやすく、マットな素材だと彩度が低く感じやすいこともあり、ツヤ感が強いドレープではライトトーン~ソフトトーンが得意だと判断されているのに、マットな素材だと彩度が高いブライト~ストロングトーンが得意だと判断されやすいこともあります。
このあたりは以前苦手な色を似合わせるためのテクニックで「質感・素材を得意なものに合わせる、調整する」といった話でも説明したので、普段のお買い物でも素材感に是非注目して楽しんでいただければと思っています。

環境・協会に関しては、一概に設定が難しいのでどういう結果が出やすいのかのお伝えがしにくいのですが、ドレープの違いに関してはやはりツヤ感が強いドレープであれば今回の受診者の場合夏春(または秋が入ってくる可能性も)判定、マットなドレープだと春夏判定が出やすいのではないかと思います。

上記からわかるのが「結果」ではなく「なぜその結果になのか」が大事ということ

本来であればきちんとドレープを使ってわからなければ何度も比較検討し、理論に基づいた形でどのアナリストも同じ結果を出せるのが理想ではあるのですが、色々なケースをお伝えし、様々な要因により”結果が”違うことはあれど、結果に至るまでの内容をくみ取ると共通して

黄みにも青みにも寄りすぎない明るい色であれば、彩度や清濁はなりたい印象によってある程度融通が利く

といった受診者であることがわかると思います。

もし私がこの架空の受診者にアドバイスをするのであれば

小釜ちゃが
小釜ちゃが

普段はかわいらしいものが好きなこともありますし、かわいらしい印象のあるスプリングの色を顔周りを中心に活かしていき、上品におとなしくかしこまった場に行くときや気分によってサマーの色を活かしてもよいでしょう。
華やかなお顔立ちのイメージにもスプリングはマッチしますし、大人っぽく華やかなオータムのお色も明るいソフトトーン付近は気兼ねなく使っていける範囲ですね。

といった感じに伝えるかもしれません。

奥深いパーソナルカラーの世界、結果だけじゃなくこういった感じで内容も掘り下げていくとシーズンの色だけじゃなく、自分に似合う色の範囲が意外と大きい!ということに気づける人も多いはず!

是非気が向いたときは結果だけじゃなくこんな感じに深堀しつつ、いろんな色を楽しんでほしいと思います。

タイトルとURLをコピーしました