イラストや漫画などのご依頼はこちらから

一重人生に終止符を打つため埋没法で二重整形をしてきたレポ

小学校高学年や中学ぐらいになると「他の人に比べてなんとなく自分の顔はかわいくない」ということを自覚しだし、高校生になると「他の人は目が大きく小顔だけれども自分はそこまでじゃない」と原因がやっとこさわかりだしました。

そんな原因がわかってしまった高校生時代からなんとかしようと
ヘアピンで二重のラインを作ったり、You Tubeやブログなどで書かれる二重マッサージを続けてみたり、夜だけにつける癖付け用のアイプチなど様々試してきましたが、皮膚が少し柔らかくなる程度でまったく効果が10年以上現れず…
27歳になって今更…?という思いも抱えつつ「でも今がこれからの人生で一番若いし!」と思い、ずっと自分のコンプレックスだった一重を二重にするために二重整形を受けることにしました。

カウンセリングの様子や、術後の経過だけ見てみたい方は目次から飛んでくださいね!

二重にしたい理由は主に3つ

私が憧れる顔、なりたい顔に一重がいなかった

私が憧れている「こういう風になりたいなぁ」という人は必ず二重まぶた。

もちろん一重の人も素敵だと思う方もいますし、一重がかわいくないとかそういう話ではなく単純に私自身の好みや価値観が一重ではなく二重だった、ということです。
一重のアイラインをグッと伸ばしたクールなメイクも「素敵だな」とは思うものの、私自身がなりたいと思う顔ではありませんでした。

また、そういう一重のクールなメイクをしても、プロに診断してもらった顔タイプ診断的に私はフレッシュ~キュートの曲線顔なのもありどうしても違和感が…
イメコン的にも唯一直線が混じる一重の目をどうにかすることでメイクや服も思い切って振り切ることができる!と思いました。

一重によるデメリットをひしひし感じた

一重にはデメリットが多いというのが27年間一重として過ごしてきた私の感想です。

その最たるデメリットが「まつげ」
まぶたの肉がまつ毛を下に押し出してしまい、まつ毛が下向きになり、目が必要以上に小さく見える!!!しかも!!!まつげが!!!目に入りやすい!!!痛い!!!!
しかもまぶたの肉の下にまつ毛の根本があるのでカールさせたところで本来のまつげの長さがはまったく出ません。常日頃、「まつげ短めだね」と言われ続けてきましたが、まつげを抜いて測ってみたところ平均である「0.7~0.8cm」を超えるまつげの方が多い状態でした。短いとはなんだったのか。

またメイクをする際にもアイラインの消費量過多現象や、他の人や雑誌のメイクを参考にする際の「二重幅とはなんぞや現象」「お手本通りにアイシャドウ塗ったのにお手本通りの仕上がりにならない現象」が発生し、デメリットをひしひしと感じます。

世界は二重を基準に生きている………

スッピンとメイク後のギャップは作りたくなかった

私はよほどイベントごとでない限りはカラコンもアイプチもつけまつげも使わない人間なのですが、理由として
「自分がメイクを落としたときにメイク後とのギャップにガッカリしたくないから」
というのがあります。

割と私の「かわいくなりたい」とか「綺麗になりたい」は自分のためが中心ですが、夫に一番見せたいと思うのも事実なのでメイクをしてなくてもかわいくいられるが理想のようです。
つけまつげよりまつエク、ビューラーよりもまつげパーマがいいって考え方もそこからかもしれません。

水の森美容外科でのカウンセリングと施術

今回私はTwitterやInstagramを中心に情報収集をし、水の森美容外科さんにお願いすることに決定しました。

決め手としては

水の森美容外科に決めた理由
  • 症例が元から二重だったように自然な仕上がりが多かった
  • 一生保障のメニューがあり、料金が他の比べてリーズナブルだった
  • その人に合わせたカウンセリングをしてくれそうだった

上記の3点が決め手となりました。

※水の森では2020年5月16日から料金が変更になるに伴い、一生保障のメニューがなくなりますので、2020年4月に施術した人の決め手の1つとしてお考え下さい。

カウンセリング

カウンセリングは3段階ありました。

まずは「動画を見ることで施術を受ける方が知識を正しくつけるカウンセリング」
受付で問診票を書いたあとにタブレットを渡され、動画を視聴をします。
この時点で「二重と一重の構造の違い」「パッチリした目はどういう状態のことなのか」「埋没法と切開法のメリットデメリット」などの知識を対面の前に正しくつけることになります。

動画が見終わってしばらくしたら別室へ移動し「施術する先生とのカウンセリング」
この時点で動画と同じような説明を交えながら二重を決めていきます。
「一番目が大きく見える幅(一番狭い)」「少し広い幅」「広い幅」の3パターンを実際にアイプチに付属してあるプッシャーのようなものを使ってシュミレーションしていきます。広い幅といえど、ナチュラルに見える範囲なので、とにかく幅広い二重!という人には物足りないかもしれません。

この時点ですでに私は「施術しやすいように!」と眼鏡をつけていったのですが、シュミレーションをする際は眼鏡は外さなければならないのでコンタクトを持っている方はコンタクトでよく見える状態でラインの確認を行うといいかと思います。(もちろんあとで外すのでコンタクトケースは忘れずに!)
この時点で施術や仕上がりに関する質問をいくつかしましたが、どれも丁寧に答えていただけました。

先生に教えてもらった二重の気になるあれこれ
  • 埋没法は二重幅が狭くなるというがは狭くなる人とそうじゃない人がいる
  • 狭くなる人も1か月~3年かけて狭くなるのでそれ以降は狭くなりにくい
  • なので狭くなるかもだからとあらかじめ広めに作るのはおすすめされない
  • また、完全に取れてしまう人はもっと少ない

幅が決定したらまた別室へ移動し「カウンセラーの方と料金に関するカウンセリング」
ここではじめて料金の説明や保障内容などの説明をされます。
私は頻繁に受けに来るということが不可能な距離なので一生保障を選択し、その場でお会計を済ませました。

施術

施術前に洗面台に案内され、洗顔をする時間があるのでさきほど施術する先生と幅を決める際にはコンタクトを付けたほうがいいといいましたが、この時点でコンタクトをつけている方は外します。

施術の前にはもう一度先生と作る幅の確認をします。
カウンセリングの際には「少し広い幅」で心を決めていたはずなのですが「広い幅」をもう一度見ると捨てきれずに少し悩みましたが、カウンセリングの際に決めた「少し広い幅」のままお願いをすることに。

今回私は痛みを和らげると同時に、目を必要以上にギュッとつむってしまって内出血をしてしまうことを防ぐために笑気麻酔もお願いし、笑気麻酔からは先生の指示通りに目を開けたり閉じたり、目線を上にしたり下にしたりしていたら麻酔をしているので痛みはなく少し引っ張られているなぁ~って感覚があるぐらいで手術自体は手術する部屋に入ってから15分程度で終了しました。早い……

術後の経過

術後の経過はあくまで個人の感覚ですので、人によっては痛みの程度は変わることはご了承ください。また、目を開いたときと閉じたときの感じがわかりやすいようにGIF動画で比較しております。
術前にカウンセラーさんから術後の過ごし方やメイクの仕方などの資料をいただけるのですが、特に今後受ける人にとって役に立ちそうだなぁ、と思ったことを事前に記述しておきます。

施術後の過ごし方や気になる点
  • 術後当日は水洗いのみの洗顔・シャワーは可能
  • 翌日には石鹸を使用した洗顔・浴槽入浴も可能
  • 翌々日にはアイホールのアイメイクも可能
  • 体が温まるような行為(サウナや激しい運動等)は2週間避ける
  • 痛みがある2~3日は保冷剤などで冷やすこと。1回15分が目安。
  • 完全な仕上がり(幅が安定するの意)は2週間後
  • 炎症止めの目薬を処方されるので術後5日間、1日4回使用する

術前と術後(0日)

術前の目がこちら。
先生にも一重にしては目を開く力はあるとのことだったのですが、やはり、ぼってりやのっぺりとした印象が強いです。

大体術後2時間後ぐらいの状態がこちら。
術後の段階で先生から「やっぱり少し腫れてしまったね」と言葉をかけられたのですが、個人的には内出血が大きく出ることもなく、腫れは痛み止めがいらないぐらいのちょっとした痛みを感じる程度で「え?こんなものなの?」と吃驚したぐらい綺麗な仕上がりでした。
腫れている分、やはり少しシュミレーションをしたものより二重幅が広めですし、左右で腫れ方が違うため、奥の方に映っている右目の方が幅が広めになるなど少し気になる点はありましたが、この後落ち着いてきます。

1~2日目

施術日を0日として次の日である1日目の状態がこちら。
他の方のレポを見て覚悟はしていたのですが、術後の次の日が一番のピークらしく目やにで目があけれないほどまつげにビッシリと目やにがついた状態で起きることとなりました。さすがにお見苦しいので目やには取り除いた状態で撮影しています。
術後1~2日の間は目を大きく動かさなければ特に痛みもありませんでした。

ただ、やっぱり無理してギュッと目を瞑ったときや開いたとき、眼球を特に上に動かすときなんかは多少痛みを感じ、処方された炎症止めの目薬をさすのが一苦労でした。

2~5日目

このころになると、施術後に感じていた左右差が気にならなくなってきます。
腫れや痛みもこのころになると大分落ち着いてきますが
目の付近をかゆみでうっかり擦ってしまったりすると「いた!」と言ってしまうぐらいの痛みは発生します。指では絶対に擦らないように意識するのが大事です。
術後3日目からは化粧も可能とのことでしたが、まだ少し目を閉じた際に縫った赤い跡があるので、買い物の際、せいぜい日焼け止めにパウダーをはたくぐらいで終わらせています。

コンタクトの方は術後5日目から可能なそうですが、個人的にはまだ目の付近を触ると痛みを感じるのが怖くて眼鏡のまま過ごしました。

目薬の方は大分さすのにも慣れてきて終了する術後5日までにはすんなりさせるようになります(笑)

1週間

正確には6日目の夜のものです。
このころになると完全に腫れが気になることもなく、眼球もグルングルン動かしても傷みはありません。
目の付近の皮膚を少し引っ張るとやはり痛みは少し発生しますが、全然すぐ収まる程度の痛みで、通常に過ごしている限りはほぼ完全に痛みはありません。
ただ、縫った部分の傷がかさぶたになり治りかけているためか、傷が治りかけるときに発生する軽いかゆみはでてきました。

初期に比べて幅も狭くなりました。

2週間後

もう完全に痛みもなく、目の開閉も一重のときと変わりません。
2週間たち、完全に二重幅が安定し、腫れなども見られないので初期に比べてかなりすっきりした印象ながら、目の開きは大きくなったのでパッチリとした目になりました。

素敵な目にしていただけて先生には本当に感謝です。

毎日イメコン考察とゲーム用のアカウントで経過もアップしていたので他の経過写真も見たい!という方は下のツイートにツリーでまとめておりますので、ぜひ見ていただければと思います。

術前・術後であって役に立ったもの

眼鏡(視力悪い人以外も)

今回私はほぼ大丈夫でしたが、人によっては内出血があるため眼鏡を持っておくと目の腫れなどを目立たなくさせることができます。
また、手術後から安定する2週間後ぐらいまでは左右に差が出やすいのですが、必ず左右対称の大きさである眼鏡をすることで左右差も目立たなくすることができます。
もし絶対に安定するまで他の人に見られたくない!って方はサングラスなどもオススメです。

美容パック

これは2日前~前日ぐらいで役に立ったもの。
手術後から3日ほどはメイクがまったくできなるうえ、手術後は顔を擦るのを極力避けるためスキンケアもなかなかしっかりと行いづらくなりますので、せめて鏡を見たときの「肌が大変なことに!」というショックを和らげるためにも前日にパックなどで肌を整えておくと気持ち的にも楽です。

私のおすすめパックはメディヒール!
韓国スキンケアとしても有名なパックで日本での販売価格は市販であれば大体1枚300円前後と少しリッチなお値段ですが、次の日に効果が目に見えて出やすいのでたまに特別な日の前なんかも愛用しています。
Amazonなどで買うとかなり安く購入できます。

綿棒

上記経過段階でも説明しましたが、手術の次の日~3日後までは目やにがでやすく、それを指で強くこすることなく取るのに非常に役に立ちました。
固くなってしまった目やにでも少し水を含ませた綿棒でくるくるとなぞることで簡単に取れるので痛みもなく除去することができました。
また目がかゆくなってしまった際もピンポイントでかくことができるため、もし自宅にない方がいれば買っておくのをおすすめします。

二重になってなにが変わったか

メイクアプリが目を認識し始める

今までのメイクアプリはなんだったの?同じアプリだよね?
っていうぐらい「映え方」が違います。
一重の時はきちんと目を認識してくれず、アイラインやまつ毛の位置が目の中になってしまっていたのがきちんとした位置に配置されます。
今までのメイクアプリはなんだったんだ?(二回目)

笑ったときに糸目にならない

これめちゃくちゃ吃驚したんですけど、笑ったときにいつもは目がなくなってしまうほど糸目になってしまうのがなくなり、笑ってもまつ毛が上を向いていたり、二重になったことでまぶたが上に引き上げられている分、目がちゃんと笑ったときに三角の形のようになります。
これで何が起こるかって写真映りが明らかに違います。また、一重のときになっていたジト目になりにくい気がします。
これからは写真撮られる抵抗が少なくなりそうです。

小顔効果

これめちゃくちゃ自分でもびっくりだったのですけれども、鏡をフっと不意に見たときに「あれ?なんかめちゃくちゃ顔が小顔…?」と錯覚するようになりました。
特に私は眉と目の間がかなり余白がある顔だったのでその余白が二重ラインで埋まったことで小顔効果が出たのでは、と推測はしていますが、これは単純に私の勘違いかもしれません…(笑)

なにより鏡を見るのが楽しい!

まぁなにより大きなコンプレックスが1つなくなったので鏡を見ることに抵抗がなくなるし、まつげの根本が見える!目がジト目にならない!ラインがある!
とまじまじと鏡を見ながら自分の顔の変化を楽しんでいます。
コロナの影響でまだ出かける機会がなく、またまだ経過中で傷部分が見えることで色素沈着が怖くメイクはまだできていませんが、これからメイクするのもとっても楽しくなりそうです。

もし、前の私みたいに一重まぶたのことで悩んでいる方にこの経験が参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました