仕事情報ページはこちら

パーソナルカラーより骨格診断?自分のタイプを診断しよう

PC・骨格

そう、パーソナルカラーでは顔回りには似合わない色を置くと顔色がくすんだり、老けて見えたりしてあまり良いとされていませんが、なぜか物によってはパーソナルカラースプリングが苦手とする黒でも「あれ?意外といけるくない?」と思うときがあります。

そういう風に思う理由の1つに
「トップス(またはワンピース・アウター)の形や素材が自分の骨格やパーソナルデザインに合っているから」
というのは絶対にあると思います。

パーソナルデザインに関してはまだまだ情報自体が少なく自己診断も難しいですが、色々な診断レポを見ていると骨格診断に関しては「行く前に自分でセルフ診断した結果と合っていた」という方が比較的多く、パーソナルカラーに比べてセルフ診断しやすいのかも、と思ったので誰かの参考になればと思って診断の基準をまとめてみました。

 

パーソナルカラー診断を受けた話*自己診断では
自己診断では ←イマココ実際に診断してもらった骨格診断も考えたファッションと後日談皆さんはパーソナルカラーをご存じでしょうか。私がパーソナルカラーを知ったのは大学生の時で「一度髪の毛を染めてみたいな~、私に似合う色ってどんなのかな~」と思い

 

骨格診断でよく取り扱われている3つのタイプ

パーソナルカラーにも4タイプ診断、12タイプ診断、16タイプ診断と分かれているように、骨格診断にも取り扱う人の知識により3タイプ診断、5タイプ診断、7タイプ診断と様々な診断方法がありますが、今回書くのはよく知られている3タイプ診断です。

3つのタイプとは
・ストレートタイプ
・ウェーブタイプ
・ナチュラルタイプ
の3つ。

実は以前パーソナルカラーを受けた話*骨格診断も考えたファッションと後日談
でも少し触れています。

ざっとそれぞれの横からみた体型と似合う服のタイプ、模様はこんな感じです。

ストレートタイプさんはシンプルな昔ながらのシルエットの服装に直線的な柄
ウェーブタイプさんはふんわりとしたシルエットの服装にほんわかした柄
ナチュラルタイプさんはラフなシルエットの服装に不揃いな柄
が得意とされています。

似合わない服を着るとどうなるか

因みにこんなことを書いている私は完全なストレートタイプ。

ストレートタイプの私がウェーブタイプに似合うレース素材でフレアスカートを着た日には普通でもデブなのに余計に太って見えますし、ナチュラルタイプが似合うとされるガウチョやマキシ丈スカートを履くとなんだかだらしなさが際立ちやすいです。

ウェーブタイプさんはストレートタイプさんが似合う服を着ると、ボリュームがなく寂しい印象になりやすく、ナチュラルタイプさんが似合う服を着ると服に着られている感が出やすいです。

ナチュラルタイプさんはストレートタイプさんが似合う服を着るとゴツゴツとした印象になり男性っぽくなりやすく、ウェーブタイプさんが似合う服を着ると寸胴な感じになりやすいです。

似合わない服でよく例に挙げられるのが渡辺直美さんと柳原可奈子さんです。


(渡辺直美さん:画像参照元 画像参照元 柳原可奈子さん:画像参照元 画像参照元)

渡辺直美さんはストレートタイプで胸元が開いた服やジャケット、膝上の丈のスカートがよく似合うのに対して、ウェーブが似合うとされる首詰めの服や末広がりのスカートは肉感がそのまま反映されてしまいます。
柳原可奈子さんはウェーブタイプで首が詰まった服でも大変お似合いで、フリルがとても似合いますね。ストレートタイプが似合うとされるジャケットなんかはちょっと堅苦しく寂しい感じがします。(画像では中のシャツ襟が丸いので中のシャツはお似合いのウェーブ向き)

骨格診断はパーソナルカラーと同じく年齢を重ねたり太ったりしても変わることはあまりありません。

 

とにかくセルフ骨格診断してみよう

長々とそれぞれの骨格に合う・合わないの服の説明をしましたが、ここからが本題。
自分でセルフ診断です。全部このタイプだ!って人もいるかもしれませんが、当てはまる項目が多いのがおそらくあなたの骨格タイプです。
(男性にも当てはまる項目は男性側の記述もしています)

それぞれの体型の特徴として出やすいのが
ストレートタイプさんは筋肉
ウェーブタイプさんは脂肪
ナチュラルタイプさんは骨
になります。以下の診断と合わせて自分の筋肉や脂肪、骨も確認してみてくださいね。

1:手

手首のシワから中指の先までの平均が女性は17cm、男性は19cmです。
手は関節が多く、関節には筋肉や脂肪がつきにくいので
筋肉質なストレートタイプさんは親指の根元などの筋肉が発達して丸みを帯びた肉厚な手になりやすく、脂肪がつきやすいウェーブタイプさんは筋肉がつきにくいので細めの印象になりやすく、ナチュラルタイプさんは骨が発達しやすいので手が大きくなりやすいです。

手の大きさは身長によっても前後するので、あくまで参考程度にお願いします。
私の場合手の大きさは15cm。かなり小さめです。

 

2:足

靴のサイズの平均が女性は23.5cm、男性は25.5cmです。

足も関節が何気に多い部分なので、筋肉脂肪骨の影響が多い部分になります。
足の大きさも手の大きさと同じく身長に比例するので基準は参考程度に。
私の場合靴のサイズは22cmです。(キッズ用スペースの方がぴったりの靴が多いです)

 

3:鎖骨

鎖骨もわかりやすい指標の1つ。ウェーブさんとナチュラルさんはどちらも鎖骨がしっかり出ていることが多いのですが、ウェーブさんは上半身が薄いので鎖骨の下に肉感があまりないこと、ナチュラルさんは基本的に骨太なのでしっかり鎖骨が前に出ている感じがするかというのが1つ見極めるポイントかな、と思います。

 

4:ウエスト位置

ナチュラルさんは同じナチュラルさんでもウエスト位置が異なるので全然参考になりませんが、ウエスト位置(おへそではなく一番くびれているところ)が
ストレートタイプさんはろっ骨の下から拳1~1.5個分ぐらいの位置なのに対して、ウェーブタイプさんは拳2つ分以上あることが多いです。
因みに私は拳1つよりはちょっと下。でも1.5個分はないかな?ぐらいです。

 

5:腰・お尻・太ももライン

ここで一番わかるのはナチュラルタイプさん。骨盤付近で一部へこんでいるようなラインなのはストレートタイプさん、ウェーブタイプさんにはあまり見られない特徴なので、とってもわかりやすいですね!

 

6:太り方・痩せ方

骨格が違えば太り方も痩せ方も違います。
ストレートタイプさんは上半身を中心に太っていきやすく、ウェーブタイプさんは下半身が太っていきやすく、ナチュラルタイプさんは全体的に太っていきやすいです。
「え、ナチュラルって上半身も下半身も太ってめちゃくちゃ損じゃない?」と思いがちですが、ナチュラルさんはそもそも太りにくい方が多いです。痩せの大食いの方はナチュラルさんの可能性が高いです。

かくいうストレートの私、結婚して10kg太った(今は大分落とした)のですが
ウエストは10cmほど増えたにも関わらずふくらはぎなどの下半身は2cmほどしか変わってなかったのを考えるとしっかりストレートの太り方をしています。

上記の判断基準は骨格診断の中でもわかりやすいなぁと思う項目を記述しています。

あくまで“傾向”であり、ナチュラルだけれど手は小さい!やウェーブだけれども筋肉めちゃくちゃつく!という方もいらっしゃるかと思います。
他にも判断基準はありますので他サイトの骨格診断なども参考に自分の骨格が何タイプか診断してみてくださいね。

 

骨格診断×パーソナルカラーは最強!

骨格診断と一緒にパーソナルカラーも合わせられたらそれはもう自分のためだけに作られた服のようにきっとピッタリと似合う最強のファッションになると思います。

けれども、好きな色と似合う色が違っていたり、自分の好きなファッション傾向と似合うファッション傾向が違っているとなんだかやっぱり落ち込んでしまいますよね。
そんな時は骨格だけ合わせてみることや、パーソナルカラーを顔回りに持ってくることで「全然似合わない」を少し解消することはできます。

パーソナルカラー診断しつつも黒は色だけ見れば何色とも合う使い勝手の良いカラーなので、
診断の際に「くすみますね…就活スーツとか似合わなかったのでは?」なんて言われましたけど普通に着ています。

骨格診断やパーソナルカラー診断は似合うものを確実に見つけるためのヒントであり、似合うものを着て自分にちょっと自信をもたせるためのきっかけにすぎないので
着たいものがあった際に上手く自分に似合うファッションとして取り入れられたり、お気に入りの一着を見つけるためのヒントになれば嬉しいです。