仕事情報ページはこちら

断捨離に失敗した話

生活・ライフハック

しかも使いやすい無難なトップスは残ってなかったので急いで後日買いに行きました。

もし、服の断捨離をする際は買う準備をしておくか、その時期に使わない服(冬なら夏服のみとか、夏なら冬服のみとか)を断捨離するべきだった、と反省。

他にも失敗談はある

断捨離の本には大抵「物に感謝をして1つ1つ丁寧に捨てていきましょう」って書いてあると思うんですけど、基本変なところ几帳面なくせに変なところ大雑把な私はまとめてガガーっと捨てたことがあったのです。

その時、まぁ捨てちゃいけないもの捨てちゃったりね…

HDDを間違って捨ててしまったときは、その中に今では手に入らないインスト音源とか昔自分で作った曲とかもう今は交流がない人からもらったイラストとかが入ってあったのでめちゃくちゃ落ち込みました。

1つ1つ丁寧に確認しながら捨てていくの、大事です。

それでも断捨離は良い

それでも断捨離はちゃんとすれば、物が減って、減った分管理もしやすくなって、長期的に見れば生活の質的にも精神的にもとても良いです。

私の場合は特に部屋はあまり片付けられないけれども、整った部屋は好きなので、物を少なくすることで自分で整った部屋にしやすくなったのはかなり気持ちが楽になりました。

ただミニマリストというわけではないので「必要じゃない・使わないものは捨てる」にとどまってます。「なくてもいいけどあれば便利」なものはやっぱり便利は便利なので置いておきたい。

今年のやりたいことリストに実家の片付けをいれているのですが
去年は父や母が(捨てるのを拒否るとかではなく)やる気がまったくなく全然進まなかったので今年も達成できるか不安です…