仕事情報ページはこちら

メモをするにも書く順番は重要

生活・ライフハック

去年、掃除時間を計ってから気になっていた手帳項目

去年、大掃除の際に掃除時間を計ってみたあと、

しばらくしてから手帳のウィークリー欄に書いていた掃除のチェック項目が気になり、思い切って項目を並び替えてみました。

こんな感じに変えました

掃除時間を計って、それぞれ30分程度になるように分けた項目をそのまま順番に並べてみました。

●、▲、■、◆がワンセット。(◆は時間があるときにやる項目)

メイク用品→メイク道具など、意味は一緒なのに言葉がちょっとずつ変わっているのがあるのは気分とかそういう感じなので週ごとにちょっとずつ違います。お風呂とかも、ひらがなになったり、漢字になったりするときもあります。

書く順番を変えることで何が良くなったか

手帳のやることリストがスッキリした

まずは手帳に毎日朝書いているやるべき項目がスッキリしました。

今までも分けて書く分、それぞれが終わった後に達成感を感じられてその点ではよかったのですが、掃除の時間を見直してからは大体セットでやるようになったので、もう自分は掃除に関して小分けの達成感はいらないな、っていうのがあります。

時間をコントロールしやすくなった

書く項目が短くなったのでまず時短になりますし、掃除の時間はそれぞれ全て30分ほどで済むように分けたので、時間のコントロールは格段にしやすくなりました。

ダラダラ主婦がやるべきことをやるための時間管理術

の②にて公開したキッチンタイマーを使った1時間中45分だけ集中する方法で行っています。

30分ほどでできるので基本10~15分ほど余りますが、その分もう少ししっかりと細かいところを掃除したり、一段落してちょっと早めに体を休めたりしています。
逆にたまに体調が悪いときには45分では間に合わない時もありますが、その時はその時で無理をせず来週に回しています

書く順番を変えることで、時間のコントロールが時短も含めしやすくなったので個人的にはちょっと変えただけなのに良い変化を得られて満足です。
掃除は専業主婦にとって家事の大半を占める項目だと思うので、自分が楽になるように色々これからも工夫していきたいです。