仕事情報ページはこちら

家計簿のつけ方を変えた話

お金関係

みなさん、家計の管理どうしてます?

売られている家計簿で家計簿をつける人や、エクセルや専用のツールでデジタルに家計管理をしている人、そもそも通帳見てマイナスになってなきゃOK!みたいな人もいて、個々によって方法がかなり違う家計管理。

うちは圧倒的にノートで家計管理をする超アナログ派です。

基本的に私は専業主婦なので、収入を増やすよりは支出を減らすことが家計での役割となってます。

毎月旦那さんのお給料の入る口座から月初め(または前月の後半)に、

・10万を引き出して
・3万円を光熱費や通信費が引かれる口座に
・残り7万で食費諸々をやりくり

といった形式で毎月やってます。

1ヵ月で7万円以内でやりくりできたときは月の最後に自分用の貯金箱にいれておき、一年の終わりに自分の通帳に入れるようにしています。

逆に7万以内でやりくりできなかったときは貯めておいた貯金箱から抜くか、旦那さんに家計簿を使って事情を説明してから数万円再度生活費として受け取っています。

 しかし最近、やりくりできず…

ここ3か月ほど予算オーバーが重なっており家計簿を見直していると

7月が外食費、8月は衣類費、9月は医療費がかなり高くなっており、予算を1~2万ほどオーバー気味になることが多く、危機感を持つべく、家計簿の項目自体を見直してみました。

項目を見直してみた

(※家賃がないのは会社負担のためです)

今まではおおざっぱに「引き落とし」と「変動費」。変動費の中でも「食費」と「それ以外(少し細かく項目有)」

と分けて計算していたのですが、変動費の部分を必要なお金(消費/必要生活費)と、無駄に使っているお金(浪費/娯楽生活費)と、月によっては0円になるその時にしか使わないお金(臨時支出)と分けて書いてみることにしました。

お金には

消費…日々生活していく中で欠かせないもの
浪費…必要以上の贅沢をするもの
投資…後々リターンがあるもの

の3つの使い方があるとよく言われますよね(一部ではもう1つプラスして空費(自分を見つめなおしたり、心の余裕をもつための費用のこと)という使い方もあるという考え方もあり)

もちろん一番減らしたいのは浪費!

まだこちらの書き方に変えて1ヵ月ですが、明らかに支出金額に差が出たので続けてみようかと思ってます。

 私の家計簿の書き方を公開!

月始め

(※書いてある金額はブログ用に四捨五入したりしてますが大体このぐらいの支出です)

・クレジットカードは見落としがちなので最初に書く
・保険は貯蓄型なので基本的に計算はするが月の合計には含めない
・合計など計算に必要なものはわかりやすく簡易にするため番号を振る
・支給額には総支給と控除額両方書く。収入が減った時、増えた時にどちらが原因がわかりやすい。

月の最初のページは、その月のまとめです。

それぞれの項目の額や合計額、その月に結局いくら使ったのか、収入がいくらだったのかなどを月末にまとめて書いていきます。
勤務日や勤務時間を書くのは単純に旦那さんがこれだけ働いてくれた、と実感しながら感謝をするためです。

月の合計額、支給額、そして貯金額がいくら増えたかを確認しながら漏れがないかの確認もします。誤差±1万円ぐらいは多分旦那さん側が趣味用に下したり、予期せぬ副収入ものだったりするのであまり気にしません。

中身

日付と曜日の下にレシートを元にお金をはらった場所と金額を左に食費、右にそれ以外を書いていき、1週間ぐらいを目安に一度すべて合計しています。

曜日を書くのは、大抵野菜や肉が安くなる曜日は決まっているのでその曜日以外に買い物をしていないかとかを確認するためです。

あとは日用品や雑貨なんかは、何買ったか把握しておきたいので、商品名をそのまま書いたり、書いたものをカッコをつけて追記したりしています。

前のブログでは家計簿を公開していた時期もあったのですが、以前とは少々書き方も変わっています。参考になれば嬉しいなぁ、と思います

お金の話は少し嫌な人も多いと思うけれども、生活にダイレクトに影響してくる話なので色んな人の話を聞いて基準を変えたり、節約を実践してみたりするのがとても楽しいです。

気になって皆に月額貯金額をアンケートしてみた

ちなみに先日皆さんはどのぐらい貯金してるのかなぁ、と気になってアンケートを取ってみました。

366票も…!
投票してくださった皆様、ありがとうございます!

月額5万未満の方が6割越え、10万未満になってくると8割越えという結果です。4%の方々は収入が多いのか相当やりくりが上手なのか…

企業の副業禁止も解禁されるようですし、年金にも期待できない世代なので、堅実に貯金できるときにして心の余裕を保ちたいなぁ、と常々思う日々です。