仕事情報ページはこちら

パーソナルカラー診断を受けた話*実際に診断してもらった

PC・骨格

自己診断では
実際に診断してもらった ←イマココ
骨格診断も考えたファッションと後日談

 大丸・パーソナルカラー診断の大体の流れ


一応実際の肌の色に寄せて塗ってはいますが
写真ではこんな感じです

モニターにもよって色が違うので参考になるか微妙なところですが、引きこもりによくありがちな少し白めの赤みが目立つ肌かな、と思います。

ドレープ(布)をあててみた結果

春夏秋冬の順に当てていくと違いがわかりにくいらしく
夏→秋→春→冬の順番で布を当てていきました。

最終的に私はこんな結果になりました。
個人的に自分でも「うわ、めちゃくちゃ似合う!」と思ったのはサマーの赤と緑です。

補足すると、実はサマーの〇は△に近い〇だったりします。
歳を取るとパーソナルカラーの違いは顕著に出てくるそうで、今△なものは×に変わる可能性がありますし、△に近い〇も△になる可能性があるそうです。

と、いうことで診断は

1st スプリング  2nd サマー

という結果に!

ただ、私の結果を見てわかるように結構バラつきがあり
黄色に関してはスプリングもサマーも似合わず、オータムが似合うという結果になりましたし、△や×が多いウィンターでも青は◎というように

私の場合は、パーソナルカラーというよりは
彩度は低~中で、明度が高い色が得意なようでした。
逆に少しでもくすんでいたり、中途半端に青みがかった色は苦手…

完全にある程度パーソナルカラーの知識やレポを読んではいたのですが
どれかに偏るんじゃないか、と思っていた予想は見事にいい意味で裏切られました。

でもこの診断結果に私はフに落ちない部分がありまして…

 パーソナルカラーを決める肌の要因はイエベ・ブルベだけじゃない!?

そう、診断の結果が出てからも「スプリング…?え?オレンジチーク似合わないのに?」と思って、先生に直接そのまま疑問をぶちかましたところ、大体のセルフ診断サイトでは聞かれない肌の質についてのお話を聞くことが出来ました。

・イエローベースorブルーベース
・皮膚は薄い(血色が出やすい)or厚い(血色が出にくい)
・ツヤがあるorツヤがない

など、「イエベとブルベ」だけではないそれぞれの肌の特徴を教えて頂きました。

因みに肌の特徴はあくまで一例なので
血色があまりない肌でも他の要因でスプリング・サマーの診断を受けることもありますし、逆に皮膚が薄くても他の要因でオータムやウィンターの診断を受けることもあるようです。

アドバイスは聞けば色々教えてくれる!

メイクにかなり迷っていた私は何かアドバイスを…と先生に求めた結果
・アイシャドウを選ぶならマットなものよりラメの入ったものを
・スプリングに似合うと言われているベージュの口紅、ウィンターに似合うと言われている真っ赤な口紅は肌がくすむので選ばない方がいい

など、「こういう色は選ばないほうがいい」「こういうメイクをしたら似合うかと思う」みたいな提案までしていただけました。
オルチャンメイクが映える顔立ちのようなので、勉強してトライしてみたいところです。

メイク以外にも気になっていたシルバーのアクセサリーもゴールドのアクセサリーもあまり似合わない、という話をしたところ

・肌が春と夏の要素を併せ持っているせいでどちらも似合わない
・シルバーとゴールドの間のシャンパンゴールドが良い
・ゴールドを選ぶならパール(白)がついているものが良い
・シルバーを選ぶなら似合う色(赤・青・緑)の宝石が埋め込まれているものが良い

というこれまたメイクに続いて細かいアドバイスをいただきました!ちなみに私みたいに春夏診断でも逆にシルバーとゴールドどっちもバッチリ似合う!という方もいるそう。…う、羨ましい!

聞く時間はしっかりとあると思うので
「どこの化粧品ブランドがオススメですか?」
「服の色の合わせ方がわからないので教えてください」
など、ある程度自分がすごく悩んでいる!という質問を1~2個用意していった方が良いかな、と思います。私は上記の2点質問してかなり詳しく答えていただきましたが、45分の診断だったのにも関わらず5分余りました(笑)

 因みにメイクを失敗するとこんな感じになる

わかりやすいかな、と思って描いてみたけどそんなことなかったかも…
雰囲気だけでも少しわかってもらえば嬉しいです。

ブルーベースの人は暖色系のメイク(チークやアイシャドウなど)を間違えるとその部分だけ浮きますし、寒色系(アイシャドウやアイライン)を間違えると肌に影がかかって老けて見えやすいです。
イエローベースの人は暖色系のメイクを間違えると肌がくすみますし、寒色系のメイクを間違えるとその部分だけ悪目立ちします。

でもイエベでも色白な方はピンクチークが似合うことも多く、一概には言えないのでこういう風になるんだ~と参考程度にしてください。

続き➝骨格診断も考えたファッションと診断後の話