仕事情報ページはこちら

パーソナルカラー診断を受けた話*自己診断では

PC・骨格

自己診断では ←イマココ
実際に診断してもらった
骨格診断も考えたファッションと後日談

皆さんはパーソナルカラーをご存じでしょうか。

私がパーソナルカラーを知ったのは大学生の時で
「一度髪の毛を染めてみたいな~、私に似合う色ってどんなのかな~」と思い、似合う色というのを検索したところはじめて知りました。

ザッとおおざっぱに説明すると
その人の生まれ持った色(肌・髪・瞳・頬・唇など)や顔の雰囲気から考えられる似合う色の事で、大きく4つのタイプに分かれると言われています。

自分に似合う色って知っていますか? 〜パーソナルカラー〜 – Beauty Geek Blog

肌がイエローベースの人はスプリングかオータム
肌がブルーベースの人はサマーかウィンター

日本人は黄色人種だからイエローベースの人が多いのでは?
と思うかもしれませんがそういうことではありません。

因みにインスタでタグ検索をすると

(2017年5月5日時点)

#パーソナルカラーサマー 830件(約45%)
#パーソナルカラースプリング 605件(約30%)
#パーソナルカラーオータム 322件(約15%)
#パーソナルカラーウィンター 215件(約10%)

でした。
もちろん、この検索結果の中には自己診断の人もいらっしゃるでしょうし、一人が大量に投稿しているという可能性もありますが、今回受けたパーソナルカラー診断をしてくださった先生や、他の先生(ネット情報ですが)曰く、
日本人は珍しいことにサマータイプの人が多い人種らしいです。他の国では大抵ばらけるそう。

 揺れる自己診断

気づくのが遅い…

サマーだと信じて、好きな色を中心にパステルカラーを取り入れていっていたのですが、まぁ、周りからの評判が悪いこと悪いこと。

パーソナルカラーの存在を知って4年、やっとこさ受けるために色々と動き出しました。

私が受けた場所

色々調べたのですが、パーソナルカラー診断は大体10,000~20,000円とお高い上に、少数ではあるでしょうが、知識や経験がない先生で誤診された!という方のレポも見かけました。
なので、場所選びは本当に慎重に行おう!と思って色々調べた有名な百貨店で実施されている上に、安い料金で受けることができる大丸のファッションナビを利用することにしました。

dmdepart.jp

パーソナルカラーのほかにもさまざまなファッションに関する診断メニューが充実しており、男性用のメニューもあります。
ただ人気のため、予約可能な28日前の11時になった途端、10分もしないうちに予約が埋まってしまうので
あらかじめアカウントを作っておき、受ける時間を決めて起き、11時前から待機して予約を取るという方法が一番確実に取れる気がします。

私もこの方法で予約を勝ち取りました。

続き➝実際に診断してもらった

小話

「絶対受けたい」「絶対買いたい」というものは
OK出るまで、一週間以上延々とプレゼンしだすのでめんどくさいマンです。

続き➝実際に診断してもらった